Wakiya 脇屋友詞 伝統と創作

日本語 | English中文

オンライン予約

2024年Wakiyaの味を銀座と赤坂で!

記念イヤーをふり返って

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
2023年は脇屋にとって料理人人生50周年という節目の年でした。5月の記念イベントを皮切りに、脇屋の自伝『厨房の哲学者』の上梓、銀座新店のオープンと、大きな山がいくつも連なる特別な一年でした。お客さまや関係各社の皆さまの応援をいっそう心強く感じたことは言うまでもありません。心よりお礼を申し上げます。
今年は、赤坂と銀座、二つの拠点で脇屋以下スタッフ一同精進してまいります。赤坂のWakiya一笑美茶樓、Wakiya迎賓茶樓、トゥーランドット臥龍居と、銀座のGinza 脇屋、蕎麦割烹 橙それぞれが持ち味を存分に発揮して皆さまをお迎えします。どうぞご期待ください。

銀座5丁目、美食のランドマークを目指します

昨年12月13日にグランドオープンしたGinza 脇屋。これまでにない、お客さまとの距離感をグッと縮めた小さなレストラン。脇屋が長年料理の軸としている「伝統と創作」をテーマに、季節感あふれるメニューをご用意します。脇屋が修行時代に学んだ上海料理をベースにした新中国料理を、ライブ感あふれるカウンター席でお楽しみください。大切な方のおもてなしにふさわしい個室も一つ備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ginza 脇屋
住所:東京都中央区銀座5-10-5 スリーY’S &D 1,2階
電話:050-3662-1535
営業時間:17時30分~完全予約制にて承ります ※不定休
コース:季節のおまかせコース35,000円/伝統と創作特別コース55,000円
席数:カウンター8席、個室8席×1室
※個室ご利用の場合は、55,000円のコースにて承ります
※別途サービス料10%を頂戴いたします

粋と美食の街銀座で楽しむWakiya流蕎麦割烹

蕎麦をこよなく愛する脇屋が惚れ込んだ味。「翁 達磨」高橋邦弘氏の薫陶を受けた店主・森大和(もり やまと)が打つ蕎麦は、ふわりと香り高く、食べる人に寄り添う繊細な味わいです。
ひそかに「自分の蕎麦屋」を夢見ていた脇屋と森の出会いにより実現した「蕎麦割烹 橙」
チャイニーズのエッセンスを忍ばせた料理と熟練の腕による蕎麦をコース仕立てでお楽しみください。
ソムリエの選んだ日本酒やワインとの相性も抜群です。
歌舞伎座での観劇のあと、一枚板のカウンターでお蕎麦のディナー。お芝居の余韻を長く味わえるしっとりとした空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕎麦割烹 橙
住所:東京都中央区銀座5-10-5 スリーY’S &D 3階
電話:050-3662-0054
営業時間:17時30分~ ※不定休
コース:15,000円コース/25,000円コース
席数:カウンター8席、個室4席×1室
※個室ご利用の場合は、25,000円のコースにて承ります
※別途サービス料10%を頂戴いたします
■オンライン予約はこちらから

 

関連記事

  1. うま味の宝箱、XO醤とは?

  2. 「姿煮」だけじゃないフカヒレの魅力

  3. Wakiya名物担々麺はこうして生まれました

  4. 高級中華の代名詞 フカヒレの姿煮とは?

  5. 世界中で愛される点心、小籠包

  6. 通販でもおいしく食べられるフカヒレ

PAGE TOP